■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
江ノ島水族館へ、しんかい2000を観に。
● 高い椅子すごい!!!

 腰痛が消えた!!!!(涙)
 ノマド生活よさらば、になりそうなぐらいに調子がいいです。
 ファミレスには食事とドリンクバーがあるんで今度は文章書きの時に行くかもだけど。
 さすがに八時間ぶっつづけお絵描きとかしていると疲れはしますし、肩こりは消えませんが、楽になりました。

● カタカナ語使うなと老人がNHKを提訴

 NHKは公共性の高い放送であることをしなくてもいいぐらいに自覚しているので、中年でもお年寄りでもついていけるようにしているがために、どこかあか抜けていない感じになってしまって、いい題材なんだけども出来は今ひとつで眠い番組になってしまっていたりすることが多々あります。
 最近はそれでもマシになった(僕が小学生だったか中学生だったかの頃には「気にしなーい♪気にしなーい♪」とか言う持ち回りのオープニングソングで始まるアイドル歌番組(どなたか番組名とか覚えてはいらっしゃらないだろうか? 笑)があり、うわーダセーとかなんとか思っていたものです)というか頑張ってはいると思うんですが、多分、この退屈な感じこそが年食った日本人には見易い映像なんだろう、と好意的に解釈して精神的苦痛を味わいながら我慢して見ることも多々あります。
 具体的に言うとドキュメンタリー番組の幕間の小芝居とか。
 中井貴一がピンクのシャツで着て出て来た時には、そのトレンディっぷりに軽くめまいを覚えましたが、これはなんですかね? 中井貴一をお茶の間の笑い者にするという意図があったりするんですかね?
 もっともトレンディドラマなるものを見た事がないので、僕がなにか勘違いをしている可能性もなきにしもあらずですが。
 僕が考えていた「どうしてNHKの番組はダサいのか」の理由に、確信めいたものが持てた事件でした。
 これでスマートフォンが「多機能電話」になったり、OSが「基本ソフト」になったりしたら爆笑して見ちゃうかも。
 「サイエンスZERO」が「みんなの科学」になったりとか。(笑) 

● バールを持った男が声優イベントに乱入。

 マナーの悪いファンが増えている、事と関連づけて紹介している記事を見たけど、「マナーの悪いファン」と「バールとナイフで出演者を襲う犯罪者」とは、ほとんど正反対の存在で、マナーやモラルについておかしな強迫観念にとらわれていてネットばっかやってる奴が「バール持って襲う犯罪者」の系列ではないかと思います。
 根拠は2ちゃんのエロゲ・アニメ・声優スレ。
 人生か頭の中身かその両方かが悲惨な人たちがおかしな理屈をこねまわして犯罪者予備軍増産に精を出している様を見るのが苦痛なので、見ないようにしているんだけど。
 現代日本でのこの系統の犯罪発生の仕組みや、自分の物の考え方が犯罪者のそれだとは思ってはいない彼らの思考を解読する上では、二ちゃんとツイッターは重要なサンプル源だとは思います。

● 江ノ島行ってきたよ!

 なにせ近いもので、ちょくちょく行ってはいるんですけど、先日の生放送の時に「しんかい2000」のお腹が丸見えになっているのを知ったので、見たくなって行ってきました。

20130628_01.jpg

 行ったの遅かったんだけど、なんせ近いもんで。

20130628_02.jpg

 イワシボール。 

20130628_03.jpg

 えのすいのダイオウグソクムシは大変に食欲が旺盛で、貴重な食事のシーンの映像がモニタには流れていますよ!
 普段はあんまり動きませんが。

20130628_04.jpg
 
 しんかい2000。
 しんかい6500のおねえさん!

20130628_05.jpg

 おお。中身が丸見えだ。
 主電源見えますね。

20130628_06.jpg

 分かりにくいけど、耐圧殻が左に見えますね。
 これ、つまりは鉄道で言う所の動態保存な訳なんですねー。

20130628_07.jpg

 今回、江ノ島はてっぺんまでは行かず、ちょろっと回ってから鵠沼海岸まで歩いてみました。 

20130628_09.jpg
 
 裏道から例の構図。
 もう「TARI TARI」も「つり玉」も消えて、なんか昭和な感じの寂しさ漂ういつもの江ノ島へと戻っていました。
 そういう江ノ島の方が、僕の慣れ親しんだ江ノ島って感じなんでよね。
 でも、もうすぐ夏だからか、平日だというのに人が結構多くって、さすが観光地だと思ったりも。


スポンサーサイト
未分類 | 23:32:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。