■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アカデミー賞、NASA写真集
「ダラス・バイヤーズクラブ」も「ネブラスカ」も場所・時間的に微妙で、しょうがないので「マイティーソー」観に行く予定……。

アカデミー賞の結果が出ましたね!!

『ゼロ・グラビティ』が最多7部門受賞!作品賞の『それでも夜は明ける』は3部門−アカデミー賞全結果【第86回アカデミー賞】


「アナと雪の女王」「それでも夜は明ける」はまだ日本で公開されてませんけど、観に行く予定でいます。

「風立ちぬ」は、無理……というか、これがアカデミー賞とか獲っちゃうのはなぁ、という風に思っていました。
脚本の完成度が、うん……ずっと宮崎アニメを見ている人間からすると抜群にまとまっていましたけれども、それはここまでの宮崎アニメと比べて「すげー!! 今回は破綻してない!!」なわけで!!
世界的には引退作(日本的には「また?」ですが)なので、ボーナス的に受賞するのはアリかなぁ、とは思ってましたけど、

監督賞が「ゼロ・グラビティ」のキュアロン。
うん、納得。
「ゼロ・グラビティ」の他の受賞は
撮影、音響編集、録音、編集、作曲、視覚効果
で、監督賞と併せて七部門。
編賞賞とか録音賞とか、どういうものなのか分かるようで詳しくは分かりませんが、どれも納得の受賞ですね。

脚本賞の「her/世界でひとつの彼女」はそのうち観とくか。

アカデミー関連ツィート。
なんか朝ツィッターの調子が悪いと思ったら……




ハリウッドすげーーーー!!

●NASAの動向。

「ゼロ・グラビティ」には、かつて産経にて、このようなコラムが書かれたことがありました。

NASA激怒「おむつ着用が真実だ」 大絶賛オスカー候補SF映画「ゼロ・グラビティ」、リアルさ120%でも“筋が悪い”ワケ

さて。
では、実際のNASAは、どうかと言うと……




「Gravity」は「ゼロ・グラビティ」の原題。なぜ「ゼロ」がつかないのかは映画を観れば分かります。
サンドラ・ブロックは主演ですね。
実際の宇宙生活ってどんなもん? と宇宙飛行士に聞いてるっぽい。

ASA Congratulates 'Gravity' on Academy Award Wins
 
「ゼロ・グラビィ」受賞おめでとう記念で、今、宇宙で実際になにやっとるかなどのアナウンスをするNASA。
僕には機械翻訳するしかなく、正確な所がわかんないのが残念ですが。
現実の宇宙写真集とか公開しているみたいですが、ツイッターに流れているものを幾つか貼って行きましょう。




























これ、現実のハッブル修理の時のか。














これ、全部映画ではなく現実の写真ですよ。
逆にあの映画の宇宙がどたんだけリアルなんだって話でもありますが。
スポンサーサイト


未分類 | 15:29:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。