■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ハンパねぇサイエンスZERO、論文の剽窃がどれだけされているのかを確かめる方法
●理研の会見が行われました。

3月14日、理研により正式な会見が行われました。
……四時間にも及ぶ記者会見なんか仕事でもないのに逐一観てられるか!!!
ノーベル賞受賞者が頭を下げて謝罪するという、とんでもない光景が見られたそうですが……。

さて、Eテレで絶賛放映中の一般向け科学番組、「サイエンスZERO」。
次回の放送は、「緊急SP! STAP細胞の謎に迫れ」です。
予告によると、疑惑の渦中にあるSTAP細胞のなにが疑惑なのかを、一般向けに解説するものらしいです。
放映日は、3月16日。

「えーッ? それって明後日ーッ? だーいじょうぶーッ?」

というナレーションの人の声が聞こえてきそうですが(見てる人だけにしか分からないネタ)
以下、司会役の竹内薫さんのツィート。







しかも二本撮りなのだそうです。笑
大変なもんだ。


●論文の剽窃がどれだけされているのかを確かめる方法

ところで、序章の20PぐらいがNIHのサイトにあったもののほぼまるまるコピペだった、と言われているものは、小保方氏が博士になる時に書いた論文のことで、こちらはどうも「草稿だった」という説明がされた様子です。
真偽はさておき、「どうしてそんなものが厳しいはずのチェックを通ってしまったのか」について、博士号を持つ人たちの間でこれまで推測されているのは、おおまかに分けると2つの様子。

・早稲田(の小保方氏が所属していた学部・学科)のチェックがザル
・小保方氏が特別扱い

さて、以下、早稲田のサイトより。

早稲田大学の博士論文は図書館(本庄保存書庫)で所蔵しており、ほぼすべてWINEで検索が可能です。

>また、近年受理された論文の中にはWINEを通してネット上で本文全文を無料閲覧できるものが増えてきています。

小保方氏の博士論文とNIHの文章との比較検証に使われたのが、以下のサイト。

「デュフフ」
diff

コピペも見抜ける? STAP細胞問題で活躍、テキスト比較ツール「デュフフ」とは

・小保方氏と同年か、その近年、それ以降に受理された博士論文
・小保方氏のものと指導教員が同じもの(これ分かるのかどうか知りませんが)

を閲覧してOCRで読み取りするなり、ダウンロードするなりして、中の文章でグーグル検索、あるいは

剽窃チェッカー

にかけて検索すれば

早稲田がザルな場合
 ……同じような例がボロボロ出てくる
 …………現在の大学組織に問題が。

小保方氏個人限定のケースである場合
 ……なにも出てこない。

という結果が予測され、どこに問題があるのかハッキリすると思うんですけれど、誰かやってないんでしょうかね。
必要であればコピペ元とコピペ後の文章をデュフフで比較した画像をスクショすれば、証拠としても成り立つと思うんですけど……。
スポンサーサイト


未分類 | 00:30:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。