■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アップサイドダウン 重力の恋人、i'mperfect、大変面白そうなのに日本公開未定のこの映画
なんか京アニ大賞、大賞が出たらしいぞ!?
発刊は早くて夏、冬になるんじゃないかと思われるので、参考にするには間に合わないんじゃないかと思うんだけども、多分、今、僕が考えている方向性であってる……と思う。
あとは僕の能力と、作品にかけられる時間の問題をクリアする必要がありますが、時間の方は多分だいじょうぶ。

……それ以前に、大賞出したってことは今年もやるんですよね!?

●アップサイドダウン 重力の恋人

ところで、先日、ノーベル賞確実といわれるまたまた凄い科学的報告が発表されたの、ご存知でしょうか?
重力波の証拠が発見されたのです。
重力波というと、強殖装甲ガイバーの読者としてはマイクロブロックホール的な凄い破壊パルスに感じてしまうんですが、そもそも重力はマグネットの磁力に負けるほど弱いもので、その影響を測るのが中々難しく……
……めんどくさくなった。っていうかうろ覚えだし。(笑)


日経 サイエンス 2014年 03月号 [雑誌]日経 サイエンス 2014年 03月号 [雑誌]
(2014/01/25)
不明

商品詳細を見る


まぁとにかく、光がなににも捕われずにまっすぐに進めるようになったビッグバンから38万年後、その名残りを見つけたのですね。
アカデミー賞で七冠は「グラビティ」だし、なにかこう重力づいている感じなところで、この映画。


アップサイドダウン 重力の恋人 [DVD]アップサイドダウン 重力の恋人 [DVD]
(2014/01/29)
ジム・スタージェス、キルスティン・ダンスト 他

商品詳細を見る


逆さの重力が働くふたつの世界で、上の世界の女性と、下の世界の男性の、恋物語。
SF的設定でありながらも、初めに断言しているように基本的にラブストーリーなので、とても観易い映画でした。
食った物は重力逆に働かないのか? とか、ツッコミどころは多々あるんだけど、上下逆というシチュエーションを幻想的な光景として上手く使っていて、映画の面白さとはなにかを的確に教えてくれます。
これ、TOHOの海老名でやっていなかったので見逃したんだけど、映画館で観ても良かった。


ところで「アナと雪の女王」と「ロボコップ」を観に行きたいんだけど、昼夜逆転っぷりをさらしててて中々いけません。
なんか、映画館で映画観ないとストレスたまるように。
娯楽として映画を観る、というスタイルが、この歳になってようやく板についてきた感じで、嬉しくもあり。
邦画は全無視してますけど、「テルマエロマエ2」は観に行く予定。(1は見逃した)

そういや、「ゆるゆり」は、結局、OVAで、劇場でもやるとか。
あーどうしよっかなー、劇場、行っちゃうかー!?
TOHOでもやってくれると嬉しいんだけどなー。
劇場で観客席に「アッカリーン」コールを煽ったりするんですかね? いやインド映画スタイルで観るのもアリじゃないかな!!
落ちるのは分かり切っていながらも、次の京アニ大賞、百合男子として最低でも一編は百合を入れたい所存。


●i'mperfect

i'mperfecti'mperfect
(2013/04/10)
凛として時雨

商品詳細を見る


やっと買った!!
今回は345もかなりボーカル入れていて、更に攻撃的で騒々しく、そしてカッコいい。
しかしTKは、この歌い方続けてって大丈夫なんだろうか。


●Get On Up



ジェームス・ブラウンをご存知でしょうか?
知らなくても特に困る人ではないですし、ぶっちゃけ趣味の音楽の話をする時は、クラッシックか踊れない系のテクノの話でもしてりゃ頭の良いハイソサエティー層と思ってくれ、そういう人たちにはウケるのであり、「ライク・ア・セックスマシーン!!!」などとしゃがれ声でシャウトしようものなら、人工知能学会の表紙を見る目で「気持ち悪い!!」と言われることうけあいな上に、同じフレーズ繰り返してるだけとか下品とか歌ってないとかアホっぽいとか、女房に暴力ふるって裁判になった人じゃないとか、とにかくきっと色々思われるに決まってるので、やっぱり知らなくていいです。
日本では西田敏行主演の映画「ゲロッパ!」で知った方も、もしかしたらいるかもしれません。
ファンク・ゴッドファーザーと呼ばれる彼………………………………
まず、「ファンク」とは何か? からはじめないといけないんですが、音楽のジャンルの一種です。
いわゆるブラックミュージックで、ディスコに吸収され、ジャンルとしては衰退していくのですが、今のポップスでも、そのフレーバーを漂わせた曲が数多く……

……あ!! そうか!!

今は「在日ファンク」がいるのか!!! 良かった!!!
はい、アレです。アレの元ネタが、ジェームス・ブラウン。

そして彼の自伝的な映画が、八月に公開されるこの「Get On Up」です。
………………日本では公開未定だけどな!!!!
そうでしょうとも……ええまぁ、そうでしょう。
「Ray」は公開したのに……。

ああもうこれは滅茶苦茶観たい! 観たいのに!
スポンサーサイト


未分類 | 23:12:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。