■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
凪のあすから 24話、90年代のプリンスの二枚のアルバム
これあと二回しかないんですよ!!!!

そうでした。
P.Aの予告は、決まってウソ予告なのです。
さゆ→ちーちゃんへの爆発だと思わせて、そっちだったか……。


ちーちゃんが、今は紡に気持ちが向いているのは、今までの色んなカットや些細な言葉からバレバレなんですよね。
たとえば……

・光と再会した後、家に帰って来てからの気まずい顔
・海村で光に手を引かれた時の「私は『やっぱり』光が好き」。
 『やっぱり』が入るってことは、意志の力で上書きしないと光が好きという気持ちを保てないということ
もうちょっと分かり易く微笑ましいところでは、紡がアパートに戻ると言った時にコーヒーゼリーをかっこんでるとことかもあります。

心理描写として定番と言えば定番ではあるんだけども、アニメ・マンガ的分かり易さを捨てて、こんなのを真正面から堂々とやるなんて、P.Aはどうかしてるんじゃないのか???????(笑)
そしてそうか、要はそう来たか。
これはちーちゃんの言葉を受けての流れでもあって、そこにさゆをキッチリ絡めてくるあたり、本当にお見事です。
岡田先生ゴメンナサイ、なに謝ってんだか分かんないですが、もうホントゴメンナサイって感じです。
そんな中でさりげなく美海のあざと可愛いカットをぶちこんで来るあたりのサービス精神旺盛さにも、もうすみませんすみませんと連呼するより仕方ないです。

そして、どう考えても、まなかは紡ではなく光が好きだったはずだと思うんですが、あのシーンを見てるのは紡、「お船引が終ったら言いたいことがある」と言われていたのは当人の光だけなので、真相は海の中だったり。


●マイネームイズ・プリンス!

The Love Symbol : Prince & The New Power GenerationThe Love Symbol : Prince & The New Power Generation
(1999/07/28)
Prince

商品詳細を見る




Graffiti BridgeGraffiti Bridge
(1994/10/26)
Warner Bros./wea

商品詳細を見る



昔、かなり好きでライブにも行ったプリンス。
最近、iTunesでふと試聴してしまったんだけど(持ってるのに)、ガチャガチャと色んな音の重なる騒々しいカッコ良さが妙に新鮮で、CD入れた箱をひっくり返して取り出してきてみました。
プリンスというと、名作とされるのは「サイン・オブ・ザ・タイムス」、セールスと知名度では「パープルレイン」、日本で知られているのはK-1のテーマソングも入っていてスタンドにもなった「ゴールドエクスペリエンス」、となる訳ですが、あんまり評価されてないんじゃないかと思われるこの二枚のポップさ加減に、時代を超越していると良く言われる彼の音楽センスを感じます。
スポンサーサイト


未分類 | 04:36:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。