■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ワンチャンス、次の京都アニメーション大賞に向けて、「エロゲーマーはエロゲのエロシーンでナニを見ているのか?」についての考察


これもまた素敵な映画でした。
本当に冴えなさ過ぎる男が、上手く行きそうになる度に困難に直面して、乗り越えられずに挫折しまくり(笑)、それでも最後には成功をつかむ、それまでのお話。
ちょっとの下品さと、笑いと、涙と、さわやかな感動と、まさに「映画」って感じの映画でしたね。
これもまた「実話を元にした」映画で、今、Youtubeで映画の中でも再現されていた予選シーンを見たんだけど、なるほど、これは確かにすごい。

なんか修羅場ってた今回の映画ノルマ、これであとは「アナと雪の女王」だけなんだけど(本当は「オール・イズ・ロスト」も見たいんだが)、TOHO一位だけあってまあしばらく放置してても大丈夫だろうという感じのネット予約座席埋まり具合。
字幕版ですらそうなんですよ。すごいですね。

そういえば、春休みでTOHOが子供たちでいっぱい。
親子連れのちびっ子や小学生が劇場に足を運んでくれているのを目にするのは、ちょっと嬉しいです。
まあ、自分は空いている回に観るんだけども。(笑)


●次の京都アニメーション大賞に向けて

小説の方は、3、4作程度は案を出したところで、例年通りの締め切りならまだ時間があるので、テストでちょこちょこと書いてみつつ、枚数調整やら、クオリティを高める方向で行きたいところ。
シナリオの方は、最低枚数400字×40枚の短編で、数を書いて行く方針で。
最低一作はマンガを出したいと思っており、ちょろちょろっとネーム作業を始めてみたところ。
レギュレーションが変わる可能性があるのてせ、公開するかどうかは未定。

マンガとシナリオの募集があるかどうかが、一番の問題。
そもそも次にこの賞があるのかどうか分からないけれども、あの選評の感じだと、多分、あるとは……思う。

なんにしても、今やってるこの修羅場に脱出口が見えてこないと、光子ちゃんマンガの最終回(たった8ページ)ですら手が入れられないって有様で……。


●エロゲーマーはエロゲのエロシーンでナニを見ているのか?
エロゲーマーはエロゲのエロシーンでナニを見ているのか?

これはむしろ、人間が他人を見る時、顔・表情にいかに注視しているかを示す一例ととらえていいんじゃないかと思います。
たとえ、「●」と「_」は、それぞれ中黒とアンダーバーだけど

●_●

顔に見えるでしょ。
脳はかなりの部分を使って顔を見分けるための処理しているそうで(出典 日経サイエンス2014年2月号)、これは「表情を読む能力は、相手が自分に対して非友好的か否かを判断する上で重要である」と説明されることが多い。
この脳の機能のおかげで、エロゲーマーに限らず、二次元の萌え絵を、女の子の顔として認識できるわけです。
そんな訳だから、優先順位の一番が顔なのは(実感から言っても)簡単に予想がついてしまうことで、あまり意外ではない。
ストリップ劇場で視線の集中先の一番が「顔」だったら、意外かもしれないけど。
「表情を見る機能」とは関係があるかないかは分からないけども、画面中になにか変化があれば、変化のあった部分を確認しようとするので、表情変えが行われれば、その度に顔を確認することになる。
気づく事のできる変化の大きさであるか、変化のあることを期待しているかの場合、には、だろうけど。
これ、「胸はあんまり見ていない」という結果になっているけども、エロゲのエロシーンにおいて、テキストは「なにをしているか」の説明であり、テキストをきちんと読んでゲームをしている人は、その説明に従って状況を理解するので、「胸を使ってしてくれる」(その行為をなにと呼ぶかはあえて言明を避けよう)以外の場合で胸に行かないのは不自然ではない。
(それ以前に、この例だとテキストウィンドウが胸にかぶっちゃってるんですが。「胸で」のシーンなのに胸の位置が下過ぎだし実用性はあまり考えてはいないのだろう)

また、顔にターゲットを合わせれば視野の中に胸は入ることが多く、「胸を使ってしてくれる」の場合でも、顔の表情とセットになることによって男性への心理的効果を増大させるものであり、実際の動きによる触覚が加わる場合には一般的に言ってまた別の精神的高揚が得られるものと思われるので、男性諸君はしてくれる女性に頼んで研究してみよう。
また、エロゲはマンガと違って、ワンシチュエーションに一枚か二枚、「胸を使って」の場合なんかはおそらく一枚しか避けないので、状況説明的な絵を入れてしまうと、構図的に胸が強調されず、胸は不利になってしまう。
たとえば石恵さんの絵なんかを考えてみれば、エロゲではなく一枚イラストとして提示した場合には、胸にとってはまた違う結果が出るのではないかと思う。
もうひとつ、エロとしてはこれが大事なんだけど、胸は埋もれ易いという実感はあったのか、胸の表現は特にエロ漫画において進化しまくっており、胸の描き方、塗り方で、胸に注視させられるほどエロく描けたり濡れたりするようになると、ひとつ上の段に登れたな、みたいな感じが。
いろいろ方法があるんだけど

・画面内での胸のパーセンテージを大きくする
・構図をどうにかする
・形の変わり具合を表現する(貧乳であっても)
・塗りで質感を与える

ぱっと思いつくのはこんな感じ。
個人的には、尻の場合は尻アップだけでも行けるんだけど、胸は顔とセットで、プラスして胸のみアップみたいな感じが好ましい気がする。
あ。
顔を見た時に胸は視野に入ると書いたけど、大きいモニタだとまた違うかもしれない。



スポンサーサイト


未分類 | 14:04:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。