■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今期アニメ、サバイバルの本
「黒髪のブリュンヒルデ」は、「まどか☆マギカ」がウケた本当の理由をちゃんと理解して描かれたマンガで、連載開始時「確かにこれで正解だとは思うけども、いやぁ、すぐ終るだろう、これ……まどかのフォロワー見え見えだし……」と思っていたら今でも続いている人気作で遂にアニメにもなっちゃったので、もうこれはやはり事実と認めてどんどん似たようなものを作って荒稼ぎするべきではないかと。

【オタクに一番ウケるアニメの要素】

萌え的美少女キャラ&ギャルゲー風ラブコメ
 +
グロ・不幸(その美少女が)

エロゲでなにがウケたか、オタクになにがウケてきたか、なにが話題になったか、ニコニコのコメントに流れる「ここで●●になったら神」の●●になにが入ってきたのか、を追っていくと簡単に推察できることではあるんですが。
※ 要するに「ヒロインを生きながら解体」とかやると、みんな喜ぶわけです。
ちなみに、まどかは未だに三話までしか観てなかったりします。なんか解析済んじゃって刺激が……。
どうも、シリアス一辺倒だけじゃダメっぽいんですよね。
コメディとギャルゲ的な萌えがないといけないので(ただし男は不要かもしれない)、ついうっかりシリアスな物語に合わせてリアルっぽいキャラデにすると外れる感じです。
どういう原理でそのパターンがウケるのか、基本的には、女の子の不幸に萌えるか、女の子をヒドい目に合わせることに性的快感を覚えるか、どっちか(あるいは両方)だと思うんだけども、寝取られとか寝取りとか陵辱とかウケるしナチュラルにそういう会話がなされるんで、多分、後者が強く絡んでるんでないかなーと……。
「萌え」や「学園ラブコメ」に強い反感を持つ人たち(「サルまん」の愛蔵版で増えたページでの「萌え」に対しての反感が、ある世代や一群にそのまんまあると考えていい)が反応しているのかとも思ったんだけれども、「萌え」としても消費されているのでそうではない。
これはつまり、受け手の基本的な精神性に、他人を苦しめたいという欲望が人一倍強く存在していて、「萌え」や「可愛さ」と同様に、「他人に苦痛を与えて虐める快感」が、消費材となっている、と考えるのが妥当。
そういう性向を持つ人たちに対して、富野世代・ヤマト世代のサブカルみたいなのが、嗜虐性=現実、御都合主義ハッピーエンド=お子様向け、という感じに正当性を与える言説をまき散らしたものだから、さあ大変って状況でないですかね。

しかしまあ、アニメの「ブリュンヒルデ」がウケるかどうかは分からないって言うか、ヤンジャン原作アニメは「ゼットマン」も正直、あんまり出来がよくなかった気が。
「キングダム」は人気か。あれNHKだけど。
まぁ、ヤンジャンは結局、「嘘喰い」と「ハチワン」だけしか読んでなかったりして、コミック付属のアニメは散々の出来だったらしい「嘘食い」をI.Gあたりでやってくんないかなーとか思うんですけど、アレも長いからな。
しかも最初の方だとロデムと廃ビルで、せめてハングマンぐらいまではやってくんないと……ハングマンとか絶対放映できなさうだよ!!!
ユッキー〜迷宮までやってくれれば。

佐藤聡美をフォローしているので「ご注文はうさぎですか?」に興味を持ったんだけど、これ配信はないのか。
「犬猫」は配信があるらしいので、とりあえずは観とく方向で。
あとは、年末だかに総集編観てそれなりに楽しめたから、ジョジョは観よう。

しかし、新番組で一番楽しみなのは、なんと言っても、そう。
「タイムスクープハンター」!!!!!
第一回をさっき観たんですが、ホラ貝って突撃ラッパの前身じゃなかったんだな。




世界のどこでも生き残る 完全サバイバル術 (ナショナルジオグラフィック)世界のどこでも生き残る 完全サバイバル術 (ナショナルジオグラフィック)
(2011/08/25)
マイケル・S・スウィーニー

商品詳細を見る


なんでこんなものを買ってしまったのかは、正直、僕にも分からない……。
まだほとんど読んでないんだけど、結構面白いです。


本当にあった 奇跡のサバイバル60本当にあった 奇跡のサバイバル60
(2013/12/18)
タイムズ

商品詳細を見る


まだ読んでないんだけど、ナショジオのサイトで一部公開されているのを読んだ所、自分の腕を切り落として帰ってくる人の話とかだよ!
しかも本当に実話だよ!


●スカイライン 征服

スカイライン -征服- Blu-rayスカイライン -征服- Blu-ray
(2011/11/11)
エリック・バルフォー、スコッティ・トンプソン 他

商品詳細を見る


「ロサンゼルス決戦」の特殊効果の人が作った映画で、同じCGを使ったとかで揉めたんだっけ?
内容は同じ宇宙生物の侵略ものですが、こっちの方が圧倒的に面白いです。
「ロサンゼルス決戦」を手放しで褒められるのは、軍オタぐらいなもんじゃないですかね……。
それも、「そんだったら軍隊もの観りゃいいじゃん……」って話だし。
ロサンゼルス決戦のダメな点は、さんざん言われてますけど、宇宙からすごいテクノロジーで侵略しにきたクセに白兵戦しかけてくるだとか、とにかく侵略宇宙人が弱いというか、弱いのくせにバカな所で、宇宙人ものだと「未知との遭遇」とか「コンタクト」とかのエンカウントものの方が好きな僕が観ても、「ダメだろこれ」で終始退屈だったわけですが、こっちは逆。
やっぱすごいテクノロジーでやってきた侵略宇宙人だったら、人がゴミのように蹂躙されないと面白くも何ともないわけですよ!!
あ、そういえば確かに、「見ろー! 人がゴミのようだー!!」って感じでした。
無力ゆえのスリルとサスペンスみたいなのが見せ場であって、地球の装備でなんとか勝てるかもしれません、ではつまんないわけです。
ゴジラに自衛隊が勝ったらつまんないでしょ?
いや、ウルトラマンメビウスは地球産の機械でも勝ってたけど、あれは異星人の技術を使ってるからで……。
これ、怪獣とか、モンスターとか、そういうの好きな人には、たまらないですよ。
基本がホラーで、シナリオ的にはホラーのスタイルに忠実。
……しかし最後のあれは……。まぁ、B級映画なのでアリかな。(笑)
あのまま徹底的に救いも希望もなく殺されて終わりでも良かったけど。
スポンサーサイト


未分類 | 01:23:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。