■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
グランド・ブダペスト・ホテル


amazonにDVDとかない新作の場合は、予告の動画をはることにしようそうしよう。

ドイツ・イギリス合作だそうです。
タイトルから、ひとつの建物内で物語が完結する、いわゆるグランドホテル形式の映画なのかと思ったら(三谷幸喜の「グランドホテル」は、まさにグランドホテル形式)、そんなことは全然ありませんでした。
ホテルの上客である富豪の老婆が殺され、その遺産の分け前をいただこうと屋敷へと赴いたコンシェルジュとロビーボーイの七転八倒の顛末を描いたコメディ作品。
サスペンス風味を基調にしつつ、目まぐるしく展開していくストーリーは、観客を飽きさせません。
文化人っぽいのに下品で口が悪くやる事なす事めちゃくちゃなコンシェルジュや、彼に教えられた通りに彼の要望にキッチリ先回りして応える出来過ぎた下っぱっぷりのロビーボーイ「ゼロ」(なんで彼が「ゼロ」なのかは映画をご覧ください)、二人のコンビがとても楽しいです。
演劇的な分かり易く大げさな芝居(「ムーラン・ルージュ」(バズ・ラーマンの)みたいな感じ)と、マンガ的な絵コンテ、ストップモーションアニメを使った背景、劇中の時代に合わせた画面の縦横比など、凝った映像的仕掛けもたくさん。
たるい映画だったらどうしようと心配だったんですが、楽しい映画でした。
批評家からの評価が高いそうで「そういう映画か……」と敬遠される方もいるとは思いますが、普通に楽しめると思いますよ!


えー……実は京都アニメーション大賞という僕にとっての本命戦が始まってまして、ドラマ成分補充のためにも「サード・パーソン」を入れておく予定。
「超高速参勤交代」も結構、気になるんですが。
「トランセンデンス」「her」「マレフィセント」「怪しい彼女」「思い出のマーニー」「ゴジラ」……。
 なんだこのスケジュール。

あ、そうそう。
宮崎も鈴木も完全に関わっていないという「思い出のマーニー」が本気で百合百合し過ぎです。劇場つきあたりの横断幕的ポスターから予告にいたるまで。
ディズニーに続いてジブリまで、なんか来てますね、百合。(笑)

●僕のオススメドラマ「キリング/26日間」の予告



こんなものもあった。Youtube便利。
スポンサーサイト


未分類 | 22:26:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。