■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
her/世界でひとつの彼女


人工知能に恋してしまった男の顛末。

日本のオタ的には、とても入りやすい内容だと思います。(笑)
主人公が恋してしまう人工知能って、要するにsiriの進化版で、彼女の入っている端末を持ち歩いてデートしている様は、もう思いっきりラブプラス。
この映画のすごいのは、そのネタでコメディやギャグやホラーではなく、きっちりと恋愛ものをしている所です。
最後までそこからは逃げなかった。こういうのだと進化し続けたOSによって世界が支配されるみたいな話に行っちゃいがちな気がしますけど。
SFガジェットの存在する近未来世界を舞台にしながらも、大きな物語的なものではなくて、あくまで人間の内面的なものの話として終始した所がすばらしい。
展開も含めて、どこか『寄生獣』に似た感じもしますね。
彼女に語りかけられている時の、主人公の表情の変化の細やかさに、『あ、実写っていいな』と思わされます。
静かな映画ではありますけれど、いい作品でした。
スポンサーサイト


未分類 | 15:51:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。