■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『アメリカン・スナイパー』と『アンブロークン』の町山氏の解説
町山さんの言う事をなぞれば映画通、みたいな感じで参照する人たちにはうんざりさせられてはいるのですが、まあ、やっぱり参考にはなります。

で、これは紹介しとくべきかなーと思ったので、載せておきます。

町山智浩 クリント・イーストウッド監督 アメリカン・スナイパーを語る

僕にも、やっぱりそう見えました。
スルーしていた『父親たちの星条旗』や『グラントリノ』も観てみるかと言う気に。

そして、『アメリカン・スナイパー』の話の中で言及されている、公開されてもいないのに反日反日と話題になった『アンブロークン』。
アンジェリーナと言うと、僕の中では『トゥームレイダー』という超安っぽいB級映画のイメージなので、ひょっとしたら『カランバ』みたいなやらせドキュメンタリー的映画なのかな、と僕も思っていたのですが、どうやら違うらしい。

町山智浩 アンジェリーナ・ジョリー監督作『アンブロークン』を語る

これは別に公開してもいいんじゃないかっつーか、なんで自粛してんの。
普通に観たいし、観るべき映画では。

現代の世相を考える上でも面白いので、ぜひ、二つ併せてご一読を。
スポンサーサイト


未分類 | 12:01:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。