■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ナイトミュージアム3 エジプト王の秘密


夜の大英博物館で収蔵品たちが大騒ぎ。

このシリーズって、博物館が好きな人は大好きだと思うんですよ。
……いや、単に僕が博物館好きなだけなんだけど。(笑)
でも、博物館の収蔵品たちが魔法の力で動き出す、って、もうこれ子供の夢を実現したような作品ですよね。
児童文学とかにありそう。
でもって、そういうの好きなんで、一作目から劇場で観ているんですが、主人公の子供が高校卒業間近になるぐらいに間が空いているので、収蔵品たち以外のキャラを忘れてて「あれ? 誰だっけ?」となった箇所が幾らかありました。
一作目がNY自然史博物館
二作目がスミソニアン。
で、今回は大英博物館。
ついこないだ、僕の好きなマンガの一つである『宗像教授異考録』の最終巻を読んでいて、舞台が大英博物館だったので、マンガにあったあのホール!! 的な楽しみ方が出来ました。


宗像教授異考録(15) (ビッグコミックススペシャル)宗像教授異考録(15) (ビッグコミックススペシャル)
(2015/02/16)
星野之宣

商品詳細を見る


宗像教授、海外で人気あるらしいんでハリウッドで映画化しないかなー。
劇中で扱ってるの日本の考古学だけど。

やたらくどいギャグに「あっ、そう言えばこういうノリのギャグだった!!(気がする)」とか、「あの子がこんなに大きくなって…」(役者同じなのか分かんないけど)とか、大英博物館行ってみたいなーとか、最近は(ちょっと立て込んでて気が滅入り気味にも関わらず)戦争映画とか重い話ばっかだった気がするので、気楽に観れて気分転換に良かったです。
ヒュー・ジャックマンが出てきて、そこはアレだろ!! と思ったら期待を裏切らないで嬉しかったです。
ストーリー的には、親離れとかそんな感じのがテーマなんですが、アメリカンコメディでは割と定番な気が。
定番なので外しません。
大学に行くか行かないかは、多分、アメリカ的には、ものすごーーーいシビアなものを含んでるんじゃないかとは思いますけれど、どうなんだろう。悪い事言わんから行って真面目に勉強しとけ、と思いますけど。
ルーブルと大英博物館は、一度行ってみたいですね。

ああ、そうか。
ルーズベルト大統領役の彼の遺作なのか。R.I.P
スポンサーサイト


未分類 | 22:30:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。