■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)


精神を病んでいる落ち目の俳優の起死回生。

あっ、動画間違えた!!(ワザと)
しかし、ミッシェル・ガン・エレファント、やっぱりカッコいいですね!
バードメンと言ったら、僕的にはこれなんですよ。
パーマンのボスの宇宙人と言った方が同年代には通じやすいとは思いますが。

さて、今日の本当の『バードマン』は、こちら。


こちらです。

マイケル・キートン演じる主人公は、大作娯楽映画のヒーローを演じた事で一躍スターとなるも、今や完全に忘れ去られた人。
その彼が起死回生をかけてニューヨークで自らが主演・監督・脚本をこなす演劇を上演しようとするが、演劇界の人たちは映画や映画スターを完全に見下しており、彼の事も認めようとはしない。
彼の頭の中では自分が過去に演じたスーパーヒーロー『バードマン』の声が常に鳴り響き、人の見ていない所では超能力を使って物を動かしている。
しかしその超能力は、どうも彼の妄想のよう。
様々なアクシデントに見舞われるプレビュー、果たして本公演は上手く行くのか?
と言った話なのですが、作品内での現実と妄想の混ざり具合に、先ほど終了したアニメ『SHIROBAKO』を思いました。
(SHIROBAKO、木下監督が使うべきワザは昇竜拳とかじゃなくって、ブロゥクンマグナムとプロテクトシェードとヘル・アンド・ヘヴンだと思うんですが、どうでしょう。サンライズの許可下りないのかな? スタジオ内描写はモザイクだったし)
あるいは、マジックリアリスムというジャンルの小説。
普通、マジックリアリスムと言うと、ボルヘスかガルシア・マルケスが挙げられる事と思いますが、僕的にはフリオ・コルタサルですね。
好きと言えるほどの小説がほとんどない…そもそもあんまり読まないけど…僕が、好きと言える作品が複数あるのがフリオ・コルタサルで、『南部高速道路』が特に好きなんですが、ハリウッド映画化しないものか。(結構、金かかったCG大作的だと思う)
あと『殺虫剤』が、予想に反して『少年の日の思い出』タイプの、幻想的なものがなにもないストレートな少年期の苦い思い出みたいな話で驚いたんですが、なるほど、こういうの書く人なら僕は好きなはずだ、と納得しました。
僕が『少年の日の思い出』を好きなのは、ずーーーっと以前にも別のブログに書いた気がしますが、P.K.ディックだったら『ヴァリス』が一番好きです。という趣味です。
『ヴァリス』の好きなところ。SFが作品を売るための言い訳でしかない、精神を病んでいる人の妄想をそのまんま書き連ねているだけのところ。
この映画にも、妄想と現実との混ざり方に、ディックやコルタサルの幾つかの作品に通じるものを感じました。
コルタサルが映画的、と言う事かもしれない。

主役のマイケル・キートンはティム・バートン版バットマンの初代ブルース・ウェイン。
『ダークナイト』のカイト君…ではなくクリスチャン・ベールが今はリブート版のバードマンをやっている、ぐらいやってくれても良かったかなーと、ちょっと思いましたが、「お前の全盛期は1992年に終わっているんだ」とかいう台詞があったり、ロバート・ダウニー・jrの名前が出てきたりと、小ネタは差し挟んでおりました。
バードマンのスーツは、パーマンのバードマンというよりはガッチャマンなんですが。
幻想と現実の混ざり具合も面白いですが、カメラワークが秀逸。
こういう撮影の仕方をされると、僕はまず、マッシブアタックの『Protection』のPVを思い浮かべるんですが



これもまた、現実の中の幻想、幻想と現実の混ざり具合が面白いPVですね。
これ、実は……いや、ご覧になっていただけると分かると思います。
曲が進むにつれ、だんだん違和感を感じてくると思います。
マッシブアタックは『Teardrop』のPVもすごくいいです。

ヒーロー映画を期待して見に行くと完全に外しますが、たまにはこういうのもいいんではないでしょうか。
役者って凄いなあ、なんて事も感じさせてくれる映画です。

そういや、今日ではないんだけども(月曜休みだから)、いつも行っている映画館から5〜10分ぐらい歩いた所にあるトラットリア・レガーミに行って来ました。
パスタも上々でしたが黒鯛も中々良かった(天気良かったからついうっかりランチコースを頼んでしまった)
しかし、これは夜メニューで行きたい。
その日の目的は、すぐ隣にある海老名の資料館だったのですが、縄文土器などを見たりしながら解説員のおじいさんのお話を伺った後、気づくと秋葉山古墳群まで20分ぐらい歩く事に。
いやー……そんなつもりはなかったんだけど、天気良かったし、ついうっかり…。(笑)
スポンサーサイト


未分類 | 22:38:47 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
レガーミ。コースのほうもやなり良かったか。次はコースだな。
夜に行ってみたいってのは同感だ。

あとは壁に飾ってあるキタッラの道具が飾りじゃなけりゃ完璧なんだが。
(ARIAで見て以来、一度食べてみたいとずっと思っている(笑))
2015-04-28 火 18:46:32 | URL | 耕助 [編集]
シンプルだけど、蜂蜜とチーズのブルスケッタが美味しかった。
夜に行くのはちょっと怖い感じのする所だけど、逆にだだっ広い広場を前にしていてロケーション的にいいかも。
そんなものが壁にかかってたのかー。
カウンター前にぶら下がってる蟹の酒漬け? オイル漬け? は、一体、なんなんだろう。(笑)

2015-04-29 水 21:12:42 | URL | あさじ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。