■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ラブライブ!The School Idol Movie


アイドル、学園、女の子!!

ファンがラッピング電車に土下座するアニメとして社会現象にもなっているアニメの劇場版。
実はテレビ版を見ていません。(笑)
キャラの名前も知らない状態だったんですが、映画の中にみなぎる力に押されっぱなしで、充分以上に楽しめました。
ダンスシーンで使われているCG箇所のトゥーンレンダリングの線が目立つとか違和感があるとか、画面のサイズがスクリーン端まで行ってないから映画用のサイズで作ってないんだろうな、とか細かい所はあるんですけれど、それが気にならない勢いに、脚本の花田さんはアメリカンコメディ好き(か、研究されているか)なんだろうなと、以前から思っていた事を再度、感じました。
ファンムービーだからという事もあるだろうけども、キャラが集まっている時に多少うっとうしくてもキャラ一人一人に喋らせる所とか、これもアメリカンコメディの様式な印象が。
そのハリウッドコメディ的な明るく大味な脚本の持ち味を、的確かつ効果的に表現する映像にも力がありました。
ついた途端に給水塔が崩れるボロホテルとか、アニメだからやりやすかった画の気がする。(笑)

みんなで外国に行ったりする辺りは映画「けいおん!」みたいというか、まんまな気がするんですが、意識はしたんだろうなあ、と思いました。「けいおん!」はイギリスだったけど、こっちはニューヨーク。
でも、この冒頭のくだりのおかげで初見としてはキャラを掴めたし、ファンには嬉しいファンサービスの連続になっていたはず。
アイドルマスターシンデレラガールズと違って、仕事の裏方さんが一切出てこないせいもあって、「なにしに行ったんだっけ?」となるニューヨーク行きのおかげで、帰国後にひと悶着あるんですが、展開にのったりした所が全くなく、ご都合主義だろうが非現実的だろうが強引に力押しで前向きハッピーに話を進めていく割り切りっぷりはすごい。
なるほど、このアニメは確かに人気出る、と思いました。
だって観てて素直に楽しいもん。
実際、これミュージカル映画なんですけれど、観ていて「雨に唄えば」みたいなハッピーなミュージカル映画を思わせます。
穗乃果がポールに手をかけてくるっと回るシーンがあって、思いっきり「雨に唄えば」でしたけど。
なんでアルパカ飼ってんだ、とか、アキバ美化しすぎだろ、とか、観客どこ行ったんだ、とか、ファンは女の子だけかよ、とか、まあ色々あるんだけどそこも含めて、映画は、それそのものが楽しいファンタジー。
ファンタジーという事で、この映画の中には。謎の歌唄いのお姉さんが登場します。
主人公の穗乃果が道(リアルな道だったり、行く末としての道だったり)に迷った時に助言を与える、導き手としての存在なんですが、最初に彼女と別れた後の穂乃果の影が十字架になっていた事で、巷ではホラーな戦慄が走っているようです。
・穗乃果は実は死んでいる
・実は穗乃果は意識不明
 等
脚本の花田さんは確かにKANONの脚本とかもやられていた気がするし、それもありかなー。
僕は最初はメンバーの誰かが大人になった姿かと思ってました。あるいは、穗乃果が大人になった姿。
本筋とは全く関係がなく、なんのフォローもなかったので正体不明なままでしたが、守護天使辺りですかね。
2回目の時の『機材忘れた』辺りの引きの構図が、なんとなく『ベルリン 天使の歌』な感じ。いや、なにがどうといわれるとアレなんだけど、なんとなく思い出したんだよ!
まあ、実はこの楽しい世界は穗乃果の死の間際の回想という『ジェイコブス・ラダー』パターンでもいいけど、映画の内容とは合わない気がする。

終始、前向きで幸せな映画でした。
こういう『ご都合主義でもハッピー!』を力で押し通す作品は、もっと増えて欲しい。
スポンサーサイト


未分類 | 23:24:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。