■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『オデッセイ』


火星の人。

原作のタイトルが「火星の人」で、原題も「THE MARTIAN」です。
大勢の方が予告編から「ゼロ・グラビティ」的なのを想像していたようですが、実は結構、ノリノリです。
しかも、原作の方が更にノリノリです(イェイ)。
結構前にKindleで買ったんですけれど、映画化と聞いたので読まずにとっておいてました。
内容はというと、火星に一人取り残された男のDASH村。
と、世間では言われておれますが、僕、DASH村観た事はないんですよね。(笑)
原作の方は、少なくとも僕が読んでいる所までは、取り残された彼の記録という体裁を取っているのですが、映画の方は他の宇宙飛行士やNASA職員と言った人物もずっと出ており、取り残された彼を生還させるまでの奮闘記となっています。
その様子が、もういかにもNASA!!
科学ドキュメンタリー番組とかで観るNASA!!(笑)
計画を立て、ちょっとずつ問題を解決していき、トラブルが発生しても英知を結集させて、プロジェクトを成功へと導く、科学者たちの仕事の様子が、とてもすがすがしいです。
僕、「コンタクト」とか「未知との遭遇」とか大好きなんですよ。
それらと同じように、科学の世界への憧れを抱けるような、素敵な映画だと思います。
スポンサーサイト


未分類 | 05:55:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。