■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『フィフス・ウェイブ』

盛りのついたお年頃の女の子用映画

あ、予告はほとんど詐欺です。
「アイアムアヒーロー」が、冴えないおっさんが美女や美少女を守って活躍する姿を見せる事で、男のコケンと女からモテたいという欲望とを同時に満足させるという作品であるのに対して、こちらは、その男女逆バージョン。
つまり、フツーで割と奥手なスクールガールがサバイバルして美青年と美少年に惚れられる姿を見せることで、女のプライドといい男からモテたいという欲望とを同時に満足させる作品です。
こういう「女が男にモテる」的なコンテンツ(あるいは女の子に性的に消費されるための男同士の友情みたいな話のコンテンツ)を見ると、自分の中のなにかが犯されたように感じるらしく怒り心頭に達する男オタって結構いたりするけど、僕はこういう露骨さ、割と好きだよ!!(笑)
予告で見られるようなID4みたいな派手な侵略はサラッと終わって、前半は「アイアムアヒーロー・アメリカ編」、後半は集められた少年少女が軍隊をやるという「メイズランナー」か日本のロボットアニメみたいな話になります。
主人公の少女のサバイバル旅行の中で出会う、影のある謎の美青年…なんか「トワイライト」とか「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」を思わせますが、うん、露骨なの好きだよ!!(笑)
謎の美青年と供に主人公の少女は、弟が連れてかれたライトパターソン空軍基地へと向かうのですが、その道中、謎の追跡者に襲われ…る前に、池で体を洗う美青年くんのすごいいい全裸を見てしまい、妙な気持ちになってしまいます。
…ラノベかよ。(笑)
で、狙撃されてケガした脚の包帯を少女が取り替えようとするのを、美青年が手伝っているうちに、なんかいいムードになって捨てられた車の中で一夜を供にします。
…エロゲかよ。(笑)
その深夜、謎の追跡者に襲撃され、超人的なパワーを発揮してしまった謎の青年は正体がバレてしまいます。
それで仲違いしてしまうのですが、後々、意外な場所…というよりもシチュエーションで再会するのでした。
多分、そのシーンがこの映画の一番のツッコミどころだと思います。
「アイアムアヒーロー・アメリカ編」に終始した方が良かったんじゃないかってぐらい、後ろの方に行くにしたがってひどくなるんですが、この露骨さとバカさ加減をなぜだか嫌いになれませんでした。
そもそもアメリカにおけるラノベであろうヤングアダルト小説が原作で、つまりは「メイズランナー」と一緒なんだけど、あからさまな女の子ウケ狙いなのがアリアリと伝わってくるのがバカバカしくて、慣れれば心地よくなってきます。
水浴びする全裸の異性の肉体美で発情して恋に落ちるとか、あまりにも今時な感じですけれど、僕らの感覚で言うと男女が逆なので変に新鮮というか、女の子でも裸見て興奮するんだなーというか、普通のおっさんがやってもストリーキングだけど、イケメンなら許されるんだな、とかみたいな、ちょっとしたカルチャーショック。
考えて見れば女の子向け水泳アニメ「Free!」なんか、股間と筋肉が売りですものね!
露骨さでは「劇場霊」の方がすごいんですが、あれを見終わった時のような、邦画ビジネス界はなにか悪い霊に取り憑かれてるんじゃないかと考え込む込んでしまうような暗い気持ちになりませんでした。
ただまぁ、オススメはしません。
せっかくのゴールデンウィーク、どうせ見るなら「ズートピア」、「アイアムアヒーロー」あたりから行った方が良いでしょう。
スポンサーサイト


未分類 | 00:08:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。