■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
整える前の文章と整えた後の文章
多忙のためにあんまりブログも更新しなくなってしまった昨今、せっかく久々に長々と書いた(と言ってもツイッターの転載だけど)のだから、いつも世話になっているヤフー映画のユーザーレビューにも転載してみようと思いたち、してみました。

すると、どうでしょう?

ほとんどまったく別物になっているではありませんか?
しかも気がつくと五時間ぐらい経っているのです。
かえせ! 時間を!
汚れちまった海〜♪
(ゴジラVSヘドラ テーマソング「かえせ! 太陽を!」)

ただ、五時間かけただけあって、支離滅裂でも誤字があろうとも平気で放ったらかす傾向のあるこのブログの著者とは思えない、結構まとまっている文章。
最後の最後で映画のタイトルを出すという小賢しいワザまで使っててビックリです。

はじめは、日本人は年に一本も映画館で映画を観ない人の方が多くて、観る人では平均本数年四回ぐらいまでがほとんど、という話や、この映画に於ける人物が記号的存在であるのはなぜかという事を「キャラ崩壊」を糾弾するオタクの傾向から考えたりする話もあったんですが、全カット。
全角で2000字しか書けないので、2.5倍ぐらいあったものを削りまくりました。
あまりの変わりように自分で見ていても面白いので、こっちにも載せてみます。
すぐ下の記事と比べての変化をお楽しみ下さい。

これ、文章の訓練にはいいしブログよりやりがいはちょっとだけあるから、続けて書きたい気もするんだけど、しかし5時間かあ…うーーん…

///////////////////////////////////

日本の総力を結集して作られた怪獣映画

ブログから改変転載いたします。

さてこの映画。
最初のヒヨコゴジラ大進撃と、本気を出したゴジラの破壊光線の凄まじさは爽快です。
このヒヨコゴジラ。気持ち悪い造形は日本的で大変に面白いです。
面白い……んですが、ただ、CGがちゃちい。
いや頑張ってるんですよ? 
日本の総力の結集って感じがビンビン伝わってきます。
日本の総力を結集してようやく「シャークネード」(より、ちょっとだけ上)なんです。
日本になにが足りないんだろう……予算かな? 技術かな? と、遠い目になってしまっていると、ずいぶんと後になって、主人公がこんな絶叫を発するのですよ。
「ないものに期待するな!」
このシーン、笑うところじゃないんですが、製作者の言い訳のようで笑ってしまいました。

さてヒヨコゴジラの辺りまでは、民間人避難シーンのモキュメンタリー調が、うまい具合に正体不明の危機の不安を醸し出していて、これはアリだなと思っていました。
モキュメンタリー怪獣映画と言ったら「クローバーフィールド」。
ひょっとしたら、冒頭は「クローバーフィールド」から「本家ゴジラ」へ、「ゴジラを(アメリカから)取り戻す」という意味合いがあるのかもしれませんね。
……むしろ「クローバーフィールド」を混ぜ込んだまま最後まで行ってくれたら、と思うのですが……。
と言うのも、ですね。
その後、お定まりの民主主義の弊害やら危機管理の煩雑さや稚拙さのせいで事態が悪化、被害拡大に至って首相がようやく「今は有事なので多少の民間人が犠牲になっても仕方ない」と覚悟を決めるのですが、首相が覚悟を決めた途端に被害者ほぼゼロになるんですよ。
でてないんじゃなくて、描かないんです。描いていても切迫感がゼロ。
自衛隊が民間人巻き混む覚悟の総力戦しても、爆風すごいなーぐらいで被害ゼロ。的が大きいので外さないとは言っても、ゴジラが怒って橋壊すだけです。
後には「避難とは国民に生活を捨てさせる事だ」みたいな事を首相代行が言うんですが、ここでも発言にリアリティを感じません。
もちろんこれは311などの被災者を絡めているのではありますけれども、観客の多く、日本の多くの人たち、被災していない人はテレビやネットで流された情報でしか、避難と言うものを知らないんですよ。
情報は実体験ではないからリアルな感覚や感情が伴わず、様々な誤解や心ない暴言、おしかけボランティアなどの問題が起こるんです。
つまり、観客の記憶に避難の辛さは存在しないんです。
だから、残酷な事ですが、苦難がそこにあると言うのであれば、苦しみはなんなのか? 生活を捨てるとはどういう事なのか? それのなにが辛いのか? シーンで観客の感情を揺すぶらなければ、台詞は上滑りになるんです。
しかも、この映画は震災映画でも原発事故映画でもなく、すっとろい巨大怪獣が能のしぐさで歩いてる(たまに興奮して走る)と言うあり得ない状況の映画なのですから、「家の中から出ないでください」とか広報スピーカーから流れてる場面で「えっ!? その辺りまだ人いるの!?」となってはマズいわけです。
ゴジラに家にのしかかられて死んだ家族がいましたけど、ああいうのがもっと欲しいわけです。
また、悪化し続ける状況の中でも主人公たちにはやつれた様子すらなく、シャツが臭いとか寝てないとか、その程度のカジュアルな苦労で、納期前のSEみたいな感じです。
被災地の視察でも同じです。なんかみんな芝居が軽いんですよ。あれは「色々あったけどなんとか仕事が終わったぞ」と言う「みんなのいえ」のラストみたいな時の芝居でしょう。主人公、手合わせてましたけど、慰霊というより合格祈願ですよね。
ゲーム脳ってこういう事かぁ……と思いました。
サイコパスは政治家になると有能らしいですが、あれも政治家のリアルなんでしょうかね?

しかし、ここで主人公の、あの絶叫が、またしてもよみがえってくるわけですよ。
「ないものに期待するな!」
そう、予算も制作期間も役者のキープ時間も、 日本にはないんです。
だったら無名で安くてスケジュール空いてる演技力確かな役者使えばいいんじゃね? きっといっぱいいるよ、と思ったんですけど、それは商業的理由により出来ないんですよね。
一般客を呼び込むためにはハクをつけなくてはならない。ジブリやディズニーが声優に芸能人を使うのと同じです。
この映画は商業的なことを全く考えてなくて素晴らしい!! なんて喧伝もされていますが、そんな事はない。

きっと、この映画自体が、「何を取り、何を捨てるか」で作られているんでしょう。
日本映画の限界・特撮映画の限界、そんなものに対する製作者たちの哀しい戦いを国難に絡めて描いたのがこの映画、『シン・ゴジラ』なのかもしれません。

あ、在来線爆弾はとても面白かったです。経口投与はショボすぎましたけど(笑)。
でも、きっとフクイチのメタファーなんですよね、あれ。


スポンサーサイト


未分類 | 06:13:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。