■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
続・多摩センター
TAMA24.jpg
TAMA27.jpg
TAMA28.jpg
TAMA29.jpg
TAMA30.jpg
TAMA31.jpg

大塚公園へ。
多摩センターから、松ヶ谷へ、そこから少しモノレールの線路沿いに歩いて左に折れると着く……はずだったのだけれど、どこで曲がればよくわからなかったので、次の駅まで歩き川沿いに左へ進み、目的地である「大塚公園」の辺りで川から離れる形で進む……などとしようとしたら、川から離れるポイントを大分行き過ぎたっぽい事に。
なんとか戻って、この辺りかな? と言う所で曲がったら……着いたーーー!!!
野球場だのプールだの芝生だののある結構な広さのこの大塚公園内の一角に、住居跡がありました。
ただしここの住居跡は、埋蔵文化センターの隣の縄文の森に移築、復元されており、写真のような模型的な物に置き換えられています。
何か説明板みたいのなものがつけてあったらしき痕跡もありましたが、現在は取り払われていて、公園の入り口に掲示されている公園の案内板を見ないと、これがなんだか分からないだろうと思われます。
ここに立つと、川を見下ろす高台の上に住居があった、と言う感じが良く分かります。


TAMA32.jpg

さて、大塚公園を後にして……多摩センターまで歩いて戻ってしまってから、次はN0.72があった場所へ。
何か公園のようなものが目印になっているそうで

「埴輪があります」
「埴輪?」
「ええ、全然関係ないんですけどね」
 
 埴輪は古墳時代のもの。三世紀~七世紀だから、縄文時代の終わりを3000年前ぐらいとしても、まぁ、縁もゆかりもない事は明白なのですが

「都が(公園を作る時に)古墳をイメージして、と言ったので」、そうなったそうです。
 ちなみに古墳もこの遺跡には全然、関係がありません。
 ここは何代にも渡って人が住んでいた大規模な集落で、遺跡自体は既に存在していないとの事。
 まぁ、埋蔵文化センターにあった航空図(かなり古いもの)を見る限り大体この辺りだろうなぁ……みたいな所を歩いて行くと

TANA33.jpg
TAMA34.jpg

多分この辺りだと思うんだけどな……。

TAMA35.jpg

おお? アレか?
アレか?


TAMA37.jpg

ハーニーワー!!!
TAMA39.jpg

TAMA36.jpg

確かに、古墳っぽい公園でした。
そしてこの古墳の前の土地が、No.72遺跡です。
なんか高そうなマンションが今は建っており、その駐車場の辺りに住居跡があったのです。

TAMA42.jpg

しかしまぁ、こうして見てみると不思議なものですね。
発掘中の遺跡の様子が見られなかったのは残念ですが、中々、実りの多い探訪でした。

次は地元神奈川、横浜か、つる間の里へ。
スポンサーサイト


未分類 | 08:48:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。