■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
盗人映画2本
「インセプション」を観た後で、「借り暮らしのアリエッティ」を。
歳? 一日に二本映画観ると、目とか頭痛的に辛い。(笑)
感想が生彩を欠いてるかもしれませんが、体力的な疲れのせいです。
両方とも面白い映画でした。

「インセプション」
予告を観ていた限りでは、頭の中のアイデアを盗む盗賊団の話……かと思っていたら、そこから一工夫あって、相手を洗脳する話でした。
あの会長の息子とあの会社、本当にあの後どうなるんだろう。(笑)
サイトーの言ってる事が正しいと言う保証は全くない訳ですが。主人公のディカプリオは、とにかく家に帰れさえすればそれでいいので、その辺りはまぁ、どうでもいいと言えばいいんじゃないかという気もしますが。
ぐぐぐーっと折り返しになってスペースコロニー状態になる街とか、無重力状態での格闘とか、見所多数。
のっけから殆ど派手なシーンの積み重ねのみで進んで行くので、確かに、設定が理解しづらい所があるかも。
「ダークナイト」の監督だけど、「メメント」の監督でもある訳で、両方足したら確かに、こんな感じ。
ラストはどちらとも取れる、と言うより、気を引く終わらせ方だけど、続編とか作られたらディカプリオが『潜ったまま帰って来ない伝説の男』になっていて、現実に戻ってこさせる所から話が始まりそうだよ! (笑)
街の景色など、夢の中、と言う情景が良く映像化されていて、面白かったです。

「アリエッティ」
今日は初めから二本観る予定で、どっちを先に観るかと考えた後、「癒されて一日を終えよう」と決めて、アリエッティを後、という順序。
始まって五分で気がついた。
『また盗人映画かよぅ!』
まぁ、いいんですけどね。(笑)
「インセプション」では他人のアイデアを盗む(どんなアイデアを盗んだのかとか、どういう風に受け渡すのか、とかは劇中で描かれていない)盗賊団だったけれど、こちらは他人の家から生活必需品(たまに嗜好品)を盗む家族ぐるみの盗賊団。
人間に見つかりますが、居直ります。っつーか逆ギレです。
盗人猛々しいとは、まさにこの事です。
ポニョの時にも両親を名前で呼ぶのが云々と言ってる多分、神経質っつーか気が小さいっつーかな方がおられたみたいですが、アリエッティの事を、どう言うんだろう。(笑)
詳しくは書かないけど、今回、シンプルで分かり易い。
最近の宮崎駿の『何かヤバいものに取り憑かれてるんじゃないか?』という狂気の沙汰は鳴りを潜め……と思ったのだけど、ムササビの術の辺りで「ああ……監督はしてないけど宮崎駿だな」みたいな感じにも。
とにかくアリエッティが可愛い。
アリエッティのお母さんの芝居がイマイチ安定してない……と思ったら、これ大竹しのぶなのか! なんか声に妙な若さがあると思った。
あの家政婦は樹木希林ではなく市原悦子にすべきだろう!! と思わざるを得ません。
さわやかな小品、という感じの映画でした。こういうアニメ、好きだな。

■エビナ・シティ■
ebina_01.jpg
ebina_02.jpg
ebina_03.jpg
ebina_04.jpg
ebina_06.jpg
ebina_05.jpg
ebina_07.jpg
近隣在住の奥華子ファンはどうぞ。
無料ライブ……だと思う。
詳しくはご自分で調べてください。
スポンサーサイト


未分類 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。