■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
徹夜決定
スケジュール的に非常にヤバい事になったので徹夜明けに超ヨコハマ美術館に行くハメに。
起きてたらな……。
いや、積立金を普通口座に戻さないといけないので(どれだけヤバいかお分かりいただけよう)、起きていなくてはなるまい。

///////////////////////////////////
//2 日常・両親とのいさかい・学校

「てめぇ、いい加減にしろよ?」
 結局、キレた。
 かなりガマンした後だった。
 良くこんなにガンバったなぁ、などと、自分でも正直、思った。
「あァ? てめぇ? てめぇって言ったな? なんなんだ、お前は、親に向かって、尊敬もせずに、てめぇとはッ! ああっ?」
 もっとも先にキレたのは向こうだった。キレてる相手に対して、こっちもキレたら収拾がつかなくなるのでは? と賢明な読者諸君は思われるかもしれない。俺もまた、冷静な時ならそう思うだろう。が、どんなガマンにも限界と言うものがある。
「ざけんな! 尊敬されたきゃ尊敬される人間になってみろ! 親なら何言っても許されるとか思ってんじゃねぇ! 甘えんなカス野郎!」
「出てけっ! お前なんかもう親でもなけりゃ子でもねぇ! 出て行けっ!」
 そりゃー親じゃあないだろう。親はお前だ。しかし、要点はそこじゃない。ので、そこには突っ込まない事にする。瑣末にこだわっていたら本当に収拾がつかなくなる。
「ああ、出てってやるよ! もう登校の時間なんでな!」
 タンカを切ってもいまいちカッコつかないのが、親に金出してもらって暮らしている高校生という身分の辛い所だ。しかし、幾ら金を出してるのが自分じゃないからって、なんでもかんでもご機嫌伺いでニヘラニヘラと卑屈に暮らしていたら、人間失格の大庭葉蔵みたいに歪んでしまう。腰越で女と身投げなんて、俺は嫌だ。
「登校ぉ? 誰が金出してやってると思ってるんだ! 俺の言う通りに出来ねぇなら、俺の思想に追従出来ねぇなら、自活しろ!」
 って言うか、金出してるからなんでも言う事聞け、なんでも俺の思う通りの事を思え、と言う、その態度が気に食わない。
「高校生がいきなり自活出来る訳ねーだろが! 行ってきます!」
 背中を向けた。
「クズが。クズみてぇな連中に染まりやがって。なぁにが友達だ、あんなクズ学校に通う人間が友達なんて、恥ずかしいよ。え? 親として恥ずかしいよ、俺は。え? そんな連中連れて来てもこの家の敷居はまたがせねぇぞ。ここは俺の家だ。レベルの低いクズはゴミタメでゴミ同士たむろってろ」
 靴に足を突っ込んでいる俺の背中に呪詛のように投げ落としてきた父親の言葉を一言一句間違いなく記したら左のようになったのだが、俺は、一応、最後まで聞いてやってから思いっきり殴った。
 廊下に倒れた父を見下ろして、吐き捨てる。
「クズと言った方がクズだ。死ね、クソ野郎」
 怒りで震えて、なぜか涙が滲んで、カッコ良くは決まらなかった。
 父親の後ろでは母親が、ヒス起こしてキーキー喚き散らして泣いていた。実はずっとその位置にいたのだ。今回のケンカも、母親が父親に『大事な息子』である俺の『悪行』を言いつけた事から始まった。
「やめてっ! やめてっ! 友達と親とどっちが大事なのっ!? もう聞きたくないっ! ききたくなーいっ!」
 二人まとめて殴り殺してやろうか、と思ったが、自制した。
 そのまま何も言わずに靴を履き、何も言わずに家の外へ出た。
 高校へと向かう俺の背中に、しばらくは、家の中の声が届いていた。父親は高笑いしていたが、それは別に『俺を殴るとはあいつもいい度胸をしている』的な豪気な笑いではなく、自分のプライドを保つための相手への嘲笑なのだった。
 あいつ気違いだよ、やっぱりもう気違いだよ、そんな言葉が聞こえている。

///////////////////////////////////
初めもう少しギャグっぽくしようと思ってたんだけど、それだと主人公の状況とかが伝わんない気がしたので変えた。
こういう主人公とか主人公の家庭って、ラノベ的には冒険の類いに入ってしまうんだろうか?
……最近、ゾラの「居酒屋」読んでます。凄く面白いです。笑
あーでも他に用意しているアレとかアレとかと被るっちゃあ被るんだよなぁ……。まぁいいか。


■ミルキィが最終回
……二期へのヒキで終わったようにしか思えませんが!!!
「ズコー!」「ドヒャー!」を聞けるとは思いませんでした。
「ズコー!」って、僕、前にシナリオ中にネタで書いたら「古くて分からない」と言われて削除になったよ。笑

スポンサーサイト


未分類 | 04:24:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。