■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
コクリコ坂から

ジ・アート・オブ コクリコ坂から(ジ・アート)ジ・アート・オブ コクリコ坂から(ジ・アート)
(2011/07/27)
スタジオジブリ

商品詳細を見る


たまったポイントで観るか、と思ったら時間的にレイトショー割引になり、ポイントは貯めたままでOKと言うので、レイトショー料金で観て来ました。
予告で嫌な予感しかしなくて観なかった「ゲド戦記」と違い、予告そのものが「そろそろ公開も近いというのにほとんど全く動いてるカットが流れない……」という状態だった気のする「コクリコ坂から」。
もう監督発表の時点で不安感ばりばりの宮崎(子)さんの監督作品だったんですが、各地での反応が中々良かったので、舞台が昔の横浜だと言うし観に行くか、という感じで観に行きました。
物語は80年代りぼんとか読んでた人なら、少女まんがの恋愛ものの基本……いやもっと後の「マーマレードボーイ」にも継承されてたけど……「実は兄妹だった→勘違い」パターンをやっている所に驚きを感じるかもしれません。僕なんか60年代には生まれてませんので、町並みや生活は完全に「見知らぬ世界」であり、そちらの方に懐かしさを感じました。
その「見知らぬ世界」を存分に堪能できる所が、ジブリ映画の魅力のひとつだと思うのですが、この60年代横浜、山手・元町辺りの風景が、ここまでの「見知らぬ世界」になるとは思いませんでした。
黒澤明の「天国と地獄」辺りが、同時期の横浜、お金持ちの住む山手と貧民の山の下、という構図で描いた作品ですが(今調べたら1963年の映画なので、まさに同時期ですね)、実写ではなくアニメで観ると、これだけ鮮烈なんだなぁ……というか……。

とりあえず言っとくべきこと。
まずなんと言っても背景が凄いです。人物が出てても背景に目が行くぐらい。
映画にとって……いや映画に限ったことではないでが、背景のディティールって大事ですね。

あと最近の宮崎(父)に見られる脚本の破綻がない。(笑)
キレイにまとまってるなぁ……という感じは超ビッグネームになる以前の宮崎駿を思わせます。
ビックリするのが、「ゲド戦記」では予告を観ただけでも「あ。なんか凄くヤバそう……」という感じを醸し出しまくっていた大人しいカメラワーク……今時珍しい気のする等速でパンするアレとか……が、「品」として作用している所です。
ドラマが日常の生活的なことなので、この品は面白い。
宮崎(父)はどっちかと言うとハリウッド的というか、どかーんばーんうぉーみたいな感じの強い、ハッキリ言えば下品な映画を作りますが、下町とか学生闘争とか干してあるパンツとか出てきても、妙に品性が。
なにかこう……小津的というか……な感じです。
巷では宮崎(子)の映画は優等生的と言われてみるみたいですが、本当にそんな感じ。
それでいて、所々煽って来るんですが、そこは一体、誰のコンテなんでしょうか?
カルチェ・ラタンの吹き抜け構造を利用したカメラの追い方は、むしろ宮崎(父)を思わせるんですが。
あと、艦船が爆発する所は今時のアニメっぽい煽り方してて凄い違和感があったりとか。
廊下で偉い人を待っている所とかも妙に現代的な笑いのセンスだったり。
それでいて明らかに古そうなというか、出崎か? みたいな光の射し方とか出てくるんですよ、時々。
それから明治から続く国際色豊かな港町だった横浜が舞台ということも計算のうちなのかどうかは分かりませんが、実際の所、この作品で描かれているのは、横浜で少年少女が恋愛をする、という小さな恋の話というよりも、彼ら彼女らの生まれて来た背景を追うことで分かって行く、今生きている僕たちが生まれてきた背景、その時代、そして過去から現在という「続いている・続いて行く現実の世界」ではないかというように感じます。意識的にそうしたのかどうかは分かりませんが。いかんせん僕はこの時代に生まれてないので、この時代を知っている人とは見方が違うはず。
いい意味でいろいろ混ざり合ってる小品、という印象でした。
非常にいい作品ですよ。
スポンサーサイト


未分類 | 02:20:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。