■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
京都の縄文遺跡

京都盆地の縄文世界・北白川遺跡群 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)京都盆地の縄文世界・北白川遺跡群 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
(2012/11)
千葉 豊

商品詳細を見る


この間、横浜歴史博物館に行った時の特別展で、西日本の影響を受けた土器が出土している、と、解説の埋蔵文化研究センターの方が仰っていて、西日本の土器・縄文世界とはいかなるものか? というか、なにか目立ったものがあったのか?
と不思議に思ったので(お恥ずかしい限りですが、僕の頭の中の縄文時代は、長野・九州・多摩・横浜及び関東・東北・北海道で、ほぼ終ってました)、amazonで京都と縄文で検索を掛けた所、この本が出てきました。
ネットの情報をかき集めるより、amazonでワードを検索して、頼りになりそうな本を探す方が早くて確実です。
なんで大阪ではなく京都にしたかというと、観てるアニメが「たまこまーけっと」だけになってしまって、当たり前っちゃ当たり前だけど京都アニメーションは京都推しだなぁ(作中では京都とは言ってないんだけど)、とか、ふと思ったという、まぁ割とどうでもいいような理由ももちろんありますが、ぶっちゃけ次回の某賞の応募用作品対策としても使えるしね! みたいないやらしい考えもあると言えばあります。

京都なんて中学の修学旅行で行ったきりで、二条城と三十三間堂と川の上に橋がかかっているアレしか覚えていないんですが、今にして思えばこうアレだ、せっかく好きな女の子と一緒のクラスだったのだから告白のひとつでも決めて手を取り合って二人で集団行動エスケープして寺社仏閣を巡ったり、気を利かせてくれた他の連中が先生に嘘をついたり、先生は嘘だと分かっていながら仕方ないなみたいな優しい笑顔で見ぬフリをしてくれたり、だがしかし! 道に迷い京都の街をさすらう二人!! そして行き着いたのはアイビーに覆われたビルの二階にある、小さな店だった……。行きたくなるお店京アニショップ。
……これで一本書けるんじゃなかろうか。
そんな感じで、京都の土地勘がほぼ全くなく、確か平安京が京都だよな? ぐらいの知識で、この本を読むまで京都が比叡山と接している事すら知らない有様でした。
そして、さらりと書いてあった比叡山が中生代と古生代の地盤から成り立っていると言う一文に驚き。
中生代って言うのは恐竜がいた頃。
古生代は三葉虫のいた頃。
これについてはまた今度、調べてみたいと思いますが、軽い読み物的な本だろうとタカをくくっていたら、結構、詳しい記載。しかも、全ページカラーで、写真多数。
洪水で埋没した林や土石流の跡、京大で国内最初の考古学講座を開かれた先生や、京大周辺・京大敷地内で縄文遺跡が発掘されるようになる経緯にも触れており、分かり易く、浅学の身として読み応えのある本でした。
あ、大学敷地内での発掘、と言うと、神奈川県民としては横浜の慶大日吉校舎が思い浮かんだりします。

ところで、読み始めてから気がついたのですが
「北白川遺跡群」
北白川って、京都の地名だったのか……。
スポンサーサイト


未分類 | 03:34:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。