■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
プライベート・ライフ・オブ・プランツ/植物の世界 「食虫植物の生態 Growing」

BBCドキュメント100シリーズ プライベート・ライフ・オブ・プランツ/植物の世界 DVD-BOXBBCドキュメント100シリーズ プライベート・ライフ・オブ・プランツ/植物の世界 DVD-BOX
(2007/02/23)
ドキュメンタリー

商品詳細を見る


現在、猛烈な頭痛と咳と目痛と鼻炎に悩まされています。
風邪ではありません。
花粉です。
そんな悪体調の中で、よりにもよってこのドキュメンタリーを見るという自虐っぷりには、我ながら、中々、美味しいなーなどと思ったりするぐらいには意識がもうろうとしかけているんですが……
六巻セットの第二巻。
「食虫植物の生態」
これは邦題で、食虫植物は後半に10分ぐらいしか出てきません。しかし、そんなタイトル詐欺状態でも何の問題ものない、刺激的かつ面白い中身でした。
原題は「Growing」。つまり、成長。植物達がどうやって生きて行くのか、その仕組みと戦略についてがテーマです。
・イラクサ
 二酸化珪素(ガラスの原料)のトゲを持ち、トゲが折れると毒が出て、手が腫れる。
・オドリコソウ
 イラクサに擬態する事で、毒などを作る手間を省く
・リトープス
 石に擬態。色まで周囲と同化する。
・トケイソウの一種
 自身を丸ごと食べてしまうドクチョウの幼虫、これを産卵させないために、卵状のコブを作る。
・ワラビ
 成長した葉はシアン化合物を作る。
 若葉は食べると視力を失うか、ガンになる。
 ……え!?
 実はナムルのワラビが大好きで、韓国料理屋で取り放題だとワラビばっかり取ってるので、これは欧米産のみの風評被害的ななにかか? と気になり、ぐぐってみた。
 ……本当であった。笑

 wikiより。

>ワラビには発癌物質であるプタキロサイド(ptaquiloside)が約0.05-0.06%含まれる[1]。
>また、調理したものであっても大量に食べると体じゅうが大量出血症状になり、骨髄がしだいに破壊され死に至る。し

 ただし、副食として食べる分には全然大丈夫との事。
 そうか、良かった。笑
 
 そして、邦題にも出てくる食虫植物達。
 ウツボカズラのあのツボって、葉の先っちょが丸まって針のようになり、そこからツボになるんですね……。
 ていうか、早回しで成長過程を流されると、動物みたいでものすごいキモい!! 笑
 針葉樹の方が、葉っぱを落とさない分、長生きだそうで、ブリッスルコーンパインは、なんと樹齢4000年。いや長過ぎだから!!! 笑
 ※4800年だとか
 アメリカ大自然・神秘、米国ラスベガス写真家KEN KANAZAWA写真集
 写真の良さも手伝って、ハリーポッターにでも出てきそう!!

 鳥に食われないように、食っている葉っぱでテント作るテントケムシにもビックリでした。
 次の巻は「蜜の誘惑」原題は「Flowering」。
 花粉を、どうやって動物たちを使ってめしべに付けさせるか、の話です。
 う、うわーい……。
スポンサーサイト


未分類 | 22:36:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。