■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ゆりゆり、花物語(下) 、kindle worlds
 「確定した事実」という単語の中二病的響きも充分に寒くてアレですが、ニュースにもなるというのに誰も止めなかったのが不思議です。
 与党の政治家が大真面目にやってコレって、日本人の教養のレベルは大丈夫か?
 と思ってググったら、結構、突っ込まれて、もてあそばれてた。(笑)
 多くの人が言ってるけど、歴史の教科書が薄くなって学生としては大助かりだね!
 薄くなるって言うか、下手したら何も書けないんじゃ。
 歴史教育は、「確定した事実」だと教えるのではなく、「なぜ、こういう推論が成り立つのか」を考えさせると言う学究マインドを教える、もう、まずはそこから……。

● ゆりゆり

ゆりゆり: 1 (百合姫コミックス)ゆりゆり: 1 (百合姫コミックス)
(2012/11/22)
なもり

商品詳細を見る


 なんかKindleで安かったのを前に買って、忙しくて読んでなかったのを読んでみました。
 「ゆるゆり」の作者による、百合百合なマンガ短編集。同人誌のものを集めたものらしいです。
 と言っても、僕は「ゆるゆり」を全く知らないのだけど。
 これがまた正当派の百合恋愛で、なんかニヤニヤしながら一気に読んでしまって、ああ百合っていいなぁ、なんて久々に思いました。
 正当派なんだけど、キャラがJKっぽいのが面白い。作者が女性の方……ですよね?……なので、なんか妙に生々しさがあるんですよ。そこがいい。
 ミッション系スクールとかじゃない。ごきげんようとか言わない。でも、そこが。
 「百合姫」読んだ事ないんだけど、ちょっと読んでみたくなりました。
 
 いやぁ、いいなこれ。
 百合マンガ描きたくなるぐらい。
 プロット立てちゃったぐらい。
 16Pに収めます。

● 花物語(下) 

花物語 下 (河出文庫 よ 9-2)花物語 下 (河出文庫 よ 9-2)
(2009/05/30)
吉屋 信子

商品詳細を見る


 で、元祖百合とされる「花物語」。
 これ、短編集なんで三つ四つ読んでみての感想なんですが、大正時代のこの時点で既に、少女マンガ、少女趣味、百合、耽美、BL、などの基本的ノリはもう出来上がっていたのがうかがえて驚き。
 いや、正直な話、ここまで飛ばしてるとは思ってなかった。(笑)
 「いやいや、元祖とは言っても大正時代」
 とか思ってたら、もう最初から(といってもこれは下巻なんだけど)、「教師になった女性が教え子(女子)に熱い視線を送っていたら、彼女を好きな別の教え子(女子)から嫉妬されてしまった話」だったり。
 この話、「嫉妬した教え子は先生の憎しみを受けていた事を悟って女学校を辞め故郷の北海道へと帰り、気がとがめて彼女を追った先生は、彼女が気が狂ってしまったのを知って教職を辞す」、というなんかシビアなオチがつくんですが、ああ少女趣味だなぁというか、女の子はこういうの好きなんだな、というか。
 他にも、「裕福だったのに両親が死んで貧乏になってしまった姉妹の姉が妹のために身を削ってオルガンを賃貸したら結核になってしまうが、死力を尽くして妹が片思いの同級生(女)に手紙を書いて死んでしまった」とか言う話もあったりします。
 読んだ中では、「桜草」が好きかな。
 「入学試験で隣の子に親切したせいでカンニングの汚名を着せられて落ちてしまった主人公が、ひょんな事でその子の姿を見かけるが、彼女は自分が受かってしまったのを気に病んでいた」みたいな話。
 全般的に中二病的ですが(文体が)、いわゆる「少女趣味」というものの気分を感じるには最適かもしれません。
 えーと、椎名林檎だと思えば、まぁ大体当たってると思います。
 面白いんで、下巻読み終わったら上巻買ってみようかな。

● kindle worlds
 ところで、すごいニュースが。
Amazon、2次創作を“公認販売”できる「Kindle Worlds」発表 権利者と2次創作作家に収益分配
 日本ではTPPで二次創作同人危うしとかなんとか言ってるうちに、amazonは踏み込んできましたね。

>第1弾として、米Warner Bros. Television Group系列のテレビドラマ
>「Gossip Girl」「Pretty Little Liars」「Vampire Diaries」の許諾を得た。

 う、ううううん……。その辺りは見てないんだよな。

>今後数週間のうちに追加のライセンス契約を発表する予定。ドラマだけでなくゲームや映画などにも対応するという。 
  
 どうなるのか楽しみですね。 
 出来れば日本のメディアやマンガ・アニメ・ゲームにも対応していただけると、同人電子図書が活発になるんじゃないかと。
 これ、収益が生まれて面白い作品が売られるようになったら、原作者にもお金が入るわけで、いいループになって活気づく可能性もあるんじゃないでしょうか。
 とりあえず小説らしいけど、日本だとマンガも受け付けた方がいいんだろうな。
 ちなみにポルノはダメだそうで。
 それは別に問題じゃないけど。ポルノなしで面白いものを描けばいいだけだし。ポルノ書きたければオリジナルでやればいいんだし。
 
スポンサーサイト


未分類 | 14:00:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。