■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ナショジオ、Newton、えのすい

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2013年 08月号 [雑誌]NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2013年 08月号 [雑誌]
(2013/07/30)
不明

商品詳細を見る


 キャメロンが表紙の号はiPhone版を買ったのですが、どうもiPhoneでは作動しない箇所があ…………あれっ?? なんかアップデートとか来てるーーーーーーーッ!!??
 ディープシーチャレンジャーの解説図がなかったから今回は紙にしたのにーーーーー!!!
 とにかく、今回は紙で。
 で、紙だと大きくて軽くて買ってすぐ喫茶店で読むとかではいいんですが、ナショジオは基本的に写真いっぱい、それも「いい写真」いっぱいであるが故に画質的にiPhoneのRetinaディスプレイってすごいな……みたいな感じに。
 iPhoneだとやっぱ読みづらいのが事実。
 しかもカッコいい写真が見開きバーンと来ちゃったりもするから、iPad導入なら大きい方がいいなーなんて思ったり。
 いや、しないけど。
 今号の購入理由は、セノーテ。
 恐竜を滅ぼした隕石が落っこちたユカタン半島にある、マヤ人の聖なる泉。
 地上に開いた小さな穴から、地底湖へとロープでつり下げられて降りていくこの見開き、たまらないものがあります。 
 前号のデニソワ人ももの凄く惹かれたんだけど実は未購入。
 うーん、どうしよう……。
 今月はニュートンも買っちゃったしな……。


Newton (ニュートン) 2013年 09月号 [雑誌]Newton (ニュートン) 2013年 09月号 [雑誌]
(2013/07/26)
不明

商品詳細を見る


 こっちの購入理由は大陸地図。
 …………いや、これはネットでググれば画像とか動画とか、多分、結構あるんですよ?
 概略がまとまってるのが欲しかった……うん、つまり、めんどくさかった。(笑)
 前回の「サイエンスZERO」が自閉症の話だったので、「父親の高齢化が子供の自閉症リスク増に関わっている(かもしれない)」という記事を先に読んだんですが、これは中々……。
 一時期騒がれた「女性手帳」、あの路線を進めるのなら「男性手帳」も必要ってことでしょうか。
 最終的には現在すでに行われている受精卵選別が流行る未来になりそうな、そんな感じです。

● えのすい
 ちょくちょく行ってるのでもう特筆すべきこともないんですが、この最高の猛暑の中、江ノ島へと行ってきました。
 ちょっとビーチに降りると水着の女の子たちやら男の子たちやら、いかにも海水浴場って感じですごいことになっちゃってましたが、今回は島にも行かず、えのすいへ。
 なんか最近バタバタしすぎてるし、ちょっと癒されに行っちゃおうみたいな感じです。
 ……そう、そうでした。今日は夏休みの土曜日だったのです。
 うわーーーーーこんな混んでるえのすいはじめて見たーーーーーーーーーー!!!

0810_03.jpg

 あたらしくなったクラゲ部屋。
 「水に触るとクラゲが弱りますので」と水族館の方が注意を促しておられたのですが、それはちょっと構造的に無理がある気が。
 そんな訳ですので、もし行かれる方がおられましたら、これ表面が実は水が流れてまして、球の中の水槽へと循環してるっぽいので、触らないでいてあげてください。
 ちなみにミズクラゲはタッチングプールで触れます。
 意外とコリコリしてた。酢の物で食べるクラゲの触感。

0810_01.jpg

 これは「不老不死のクラゲ」、ベニクラゲ。
 新しく出来たクラゲ学習コーナーに展示。
 全部がって訳じゃないみたいだけど若返って人生(クラゲ生)をやり直すという。

0810_02.jpg

 今の期間、タッチングプールではオオグソクムシが触れます。
 なんかヌルっとした背中でした。なにっていうと……エビのシッポ的な感じ。おお、なんか得心が行った。
 足ではなく尾をバタバタさせて逃げてった。
 
 しんかい2000の部屋にも当然、行ったんですけど、もう何度も写真載っけてるので、過去の日記見てください。
 しかし、あの部屋のミールやノティールのプラモはどこで手に入れたんだろう?
 それからミツクリザメの標本がありました。いえ、前からあって見てはいたんだけども、「海底のサメ王国」をなんかもう三度ぐらいぼーっと見てたりするので、感慨深いものが。
 生きてるうちに見たかった。
スポンサーサイト


未分類 | 23:00:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。