■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日本アストロバイオロジーネットワーク公開講演会 「宇宙にいのちを探す」
 観ようと思っていた「ザ・コール」が、このあたりでは鴨居にあるTOHOで夜の九時からとか言う上映でですね……。
 なんでそんなもん海老名で予告流してるんだ!!??
 まぁ、「47RONIN」まで待とう。

 ところで、今日はとある講演会を聴きに行っておりました。
 その講演会が今日のタイトルなんですが、ええ、僕はトンデモも疑似科学もオカルトも陰謀論も大好きですし、ムーのトンデモツアーとかあんなバカ高くなければ行ってもいいかなーとは思いますし、超古代文明とか宇宙人とか、あったらいいなと思っており、宇宙から授かった神秘の法により清浄になった水を感謝の気持ちで飲むと腸内細菌が活性化し……
 長くなるので、それはまた今度。
 場所は相模原市立博物館

 町田から、JRでふた駅の淵野辺。
 駅から歩いて20分。
 駅からバスで行けるんですけど、時刻表とにらめっこした結果、歩いても変わんないやって事で歩きました。

12_01_01.jpg
 
 20分後です。
 いやぁ、すでに12月ですけども、いい感じに木々の葉も色づいていて、秋晴れの散策と言った風情。
 本当に気持ちいい。
 左手の方に塀が見えますよね。
 これなにかと言いますと

12_01_02.jpg

 漢字で見ると、トンデモ研究所っぽく見えますが、上の方にちょろっと英語の略字が書いてあります。
 そう。
 JAXA。
 「はやぶさ」や「イプシロン」でおなじみの、あの、JAXAです。
 こんな所にあったんですねぇ。
 って、やべぇ!! これやべぇ!!
 迂闊な写真撮ったら、特定秘密なんたらで捕まっちゃう!!!
 ……人工衛星とか特定秘密に決まってるんで、割とマジもんなんですけど……
 ああでもDARPA的な自衛隊の研究所が横須賀にあった気がするから、そこでやってるような軍事関連以外のものは特定秘密には当たらないのかな? 一体、どんなんだよという気もしますが。
 まぁ、実際のところ、屋内は一階のほんの一部以外は立ち入り禁止なんですけれども。
 講演会の前に食事をここでと考えていたんですが、日曜だからなのか食堂がやってなくって、コンビニまで歩くハメになったりもしました。
 このJAXAの真向かいが、相模原市博物館です。

12_01_03.jpg
 
 どこの軽井沢だって感じですが、淵野辺です。
 常設展示も思っていたよりは見応えがありまして、思っていたよりも旧石器から縄文までの遺物が多く展示されていたのが、個人的に嬉しかったです。
 さて、肝心の講演会。
 団体名とタイトルだけ見ると胡散臭さ爆発で、「と学会」に勢いがあったころなら、トンデモ批判オタクの急先鋒ホイホイになりそうですらありそうですが……。

日本アストロバイオロジーネットワーク公開講演会 「宇宙にいのちを探す」

講演者。

長沼毅さん(広島大学大学院生物圏科学研究科)
堀川大樹さん(パリ第5大学・フランス国立医学研究機構)
山岸明彦さん(東京薬科大学生命科学部、JAXA宇宙科学研究所・学際科学研究系(客員))
田村元秀さん(東京大学大学院理学研究科)
鳴沢真也さん(兵庫県立大学 西はりま天文台)
高井研さん(JAMSTEC海洋・極限環境生物圏領域、JAXA宇宙科学研究所・学際科学研究系(客員))

 この凄さ、伝わりにくいかなーーー。(笑)
 堀川さんは、クマムシの方ですよ。
 実は大真面目に、地球外生命探査や可能性を研究されている方たちで、この何日か向かいのJAXAで、海外の研究者を迎えてシンポジウムが行われていたようなのですが、その〆として一般向けに行われたのが、この講演会なのでした。
 一般向けなので、僕でもついていける程度の内容なのですけれど、

・長沼さんの、深海生物の発見から、内部海を持つエウロパ・太陽系内の液体の水を持つ惑星の話
・堀川さんの、ユルい笑いを取りつつのクマムシの生息環境や生態紹介から火星の地中に多細胞生物がいるかもという話
・山岸さんの生物の体を作る元素と火星の環境のちょっと突っ込んだ話から蛍光分析によるJAXAの火星探査車計画の話
・田村さんの系外惑星観測の歴史……ドップラー法からトランジット法へ、そして直接撮影へ。すばるからTMTへ、という話。
 鳴沢さんの地球外知的生命体からの電波受信……そう、宇宙人話大好きっ子にはおなじみ、SETIの話。
 
 と、その手の話が好きな人にはたまらない講演でした。
 エウロパ〜微生物〜観測法までは、僕は復習の意味が強いんですけれど、それでも、一線の人の話を聞くのはやはりワクワクするものです。
 そして、SETIは日本でもやっていた事、まだやっていた事、を知ったのが、本当につい最近で(いや正確にはwikiで読んだ気がするけど忘れてた)、鳴沢さんのツイッターを拝見するようになったのも、情報収集用アカウントを立ち上げてから、それも最近なので、やっぱりテンションが上がる訳です。
 こういう面ではツイッター役立ってる、うん。
 「コンタクト」の主人公のモデルになった人と話してる写真とか出てくるんですよ!(笑)
 僕の大好きな映画ですよ! どこだよホッカイドーとかも含めて!!
 その写真を出した時、鳴沢さんが「「コンタクト」って映画ご存知ですか?」と訊いて、数人がウンウンうなずいているのを見て、目頭が熱くなりました。(笑)
 宇宙人からの電波を受信するのがSETIで、こちらから電波を送信するのがMETI。
 実は他の電磁波でも宇宙人探しはされているようで、光。
 宇宙人はレーザー光を通信手段に用いているのではないか、という推測から、光(Optical)でのSETIだから、OSETI(おせち)。
 師走ネタかよ、と、しっかり会場の笑いが取れていましたけど、本当らしいです。
 高井さんが講演者に入っていませんが、この後のプラネタリウムで行われる第二部・映画鑑賞会の方で、ご自身が監修された映画の解説に登壇していたためです。
 あと、ものすごく意外な事だったんですが、講演が終ってからの質疑応答の時間が楽しかったです。
 僕、質疑応答の時間って気まずい沈黙が流れるものと相場が決まってると思っていたんですが、皆さん、ちょっとつつけば喋り出す方々で、喋り始めると知識が溢れ出してくるんですね。
 プラネタリウムでの映画上映は、ピントかコントラストがあっていなかったのが残念だったのですが、上演後の質疑応答がまた楽しく、正直、帰りたい人は帰ってもいいことにして、あと一時間ぐらいは質疑応答の時間に割いて欲しかったぐらいでした。

 【本日、紹介された本】


アストロバイオロジー: 宇宙に生命の起源を求めて (DOJIN BIOSCIENCE)アストロバイオロジー: 宇宙に生命の起源を求めて (DOJIN BIOSCIENCE)
(2013/03/29)
山岸 明彦

商品詳細を見る

 

クマムシ博士の「最強生物」学講座: 私が愛した生きものたちクマムシ博士の「最強生物」学講座: 私が愛した生きものたち
(2013/09/18)
堀川 大樹

商品詳細を見る
 


宇宙人の探し方 地球外知的生命探査の科学とロマン (幻冬舎新書)宇宙人の探し方 地球外知的生命探査の科学とロマン (幻冬舎新書)
(2013/11/29)
鳴沢 真也

商品詳細を見る



自然を名づける―なぜ生物分類では直感と科学が衝突するのか自然を名づける―なぜ生物分類では直感と科学が衝突するのか
(2013/08/28)
キャロル・キサク・ヨーン

商品詳細を見る


 【おまけ】  in JAXA!!
 12_01_04.jpg
12_01_05.jpg
12_01_07.jpg
12_01_06.jpg
12_01_08.jpg
12_01_09.jpg
12_01_10.jpg


 しかし、JAMSTECより先にJAXAに行く事になろうとはなぁ。
 JAMSTECは一度は案内ツアー行ってみたいものだ。
スポンサーサイト


未分類 | 00:07:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。