■プロフィール

あさじむおう

Author:あさじむおう
文章荒れまくってるブログですが
いつもボロボロになった1日の終わりに
書いてるので許してください。

さまざまな活動報告や、映画、音楽の感想を中心に。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新コメント
■しんかい6500時計

文字盤をクリックしてみよう!

■ツイッター
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
RUSH
 ハリウッド大作大好きな僕ですが、別に大作ばかり見てるわけでもないんだからね!
 ……いや最近は大作ばかりな気もするけど。レンタルで観てるのを除くと……。

「アメリカンハッスル」は実は138分もあったので、とりあえず挫折、「RUSH」を見てきました。
 いやぁ、祭日ってこともあったんだけど、ほぼ満席状態で、みんなそんなにF1好きか!? って感じが。
 ちなみに僕は、ニキ・ラウダもジェームズ・ハントもまったく知らないという新参者ぶりで、さすがに6輪だったり黒塗りだったりすると違いが分かるけど、フェラーリとマクラーレンの違いも分からないっていうか、マクラーレンって刑事じゃないの? レベル。
 まぁ、結果から言っちゃうと、そんな僕でも全然大丈夫!
 F1の中継見ててもあんまり楽しめない僕ですが、そこはさすが映画。
 はしょるところはサクッとはしょって、計算されたカットと音楽と編集とで、男の子としての血潮のうずく映像作品として仕上げて来ています。
 セックスにピストン重ねるのは、やりすぎだろうという気もしなくはないけど、そういう演出で自分の下品さをアピールして変な空威張りするような嫌味は感じななかった。
 これ、ライバル二人の最終的な対決までの時間の流れに、二人それぞれの人生を重ねていくんだけど、ハントに肩入れしたくなってくるとラウダのいいシーンが入り、ラウダに肩入れしたくなってくるとハントのいいシーンが入り、で、中々に計算されたバランスです。
 結果的に、生き方の違う二人だけども両方を応援したくなる、いい映画でした。
 そう!! これは、ガンダムビルドファイターズが好きな人なら絶対に楽しめる。(笑)
 ……あ、今週はマオ戦か……後で見よう。
 レースシーンは、一回、二回、あとはダイジェスト程度かと思ってたんですが、もうほとんどレースしてる。
 レースの合間にドラマが入るんですが、スピーディーに展開していく様は、彼らの人生そのものがレースのようです。狙ったのかどうか分からないけど。
 「ゼロ・グラビティ」は、あれだけゆったりしたシーンを流しまくってるのに、それで緊張感のある人間ドラマを描くことに成功しているのがすごかっだですが、この「RUSH」はその反対に、慌ただしいようなスピードの中に人間ドラマを描けているのが成功しているのがすごい。
 ラストの舞台はフジスピードウェイなんですが、F1好きな方なら、それは分かってることなんでしょうね。
 フジから去る時に富士山映すのはやりすぎじゃないかと思いましたが(笑)、やっぱりガイジン的にもフジサンは外せないんでしょうか。
 ちょっと富士山に違和感があったのは、フジスピードウェイからの方向の富士山なので、我々が心に思い描く富士山の構図ではないからだと思う。

 いやいや、熱くなれる良い映画でした。
「アメリカンハッスル」はどうしようかなぁ……。
 楽しみなのは「LIFE!」ですね、やっぱり。あと「ダラス・バイヤーズ・クラブ」。
「大統領の執事の涙」、ちょっと面白そう。
「それでも夜は明ける」、一応みとくか……。

 ……ところで「パトレイバー」、押井守に実写監督って、それ大丈夫なんですか?
 カメラに向かっての千葉茂の叫び顔を何十秒も映したままとか意味不明なことしてたりしそうなんだけど……。
スポンサーサイト


未分類 | 21:59:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。